Skip to content

夏本番前の熱中症対策!

こんにちは!サイマックスの川島です。
7月も半分が過ぎようとしていますが、皆様お元気ですか?

しばらく雨が多くて、気温が低い時間帯もあるので、
急に夏らしい暑さがやってきたら、暑さで体が慣れないな…と心配な方もいることでしょう。
そんな今日は『熱中症』についてご紹介したいと思います。


夏本番を迎える前に熱中症対策! 暑さに負けない身体づくり「暑熱順化」とは (のざきクリニック 野崎院長監修)

https://www.excite.co.jp/news/article/Cobs_1920791/

さまざまな症状のある熱中症

体温が上がることで、体内の水分やミネラルのバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりした結果、めまい、けいれん、頭痛など 様々な症状が起こるとされている熱中症。
熱中症は、気温や湿度が高い場所、風が弱く日差しが強い場所だけでなく、昨今は室内型熱中症や夜間熱中症も増えているそうで、外出時や日中でなくとも油断は禁物です。

汗は蒸発する際に身体から熱を奪うため、発汗によっても体内の熱を外に逃がすことができますが、気温や湿度が高くなると汗が蒸発せずに体温が下がらないといったこともあり、体内の水分やミネラルのバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなってしまうようです。

暑さに対抗!暑熱順化(しょねつじゅんか)

『暑熱順化』とは聞きなれない言葉ですが、端的に言うと暑さに順応して熱中症になりにくい身体を手に入れるということです。 それではどうしたよいのでしょうか。

汗腺を鍛える!

汗腺を鍛えるには通常やや暑い環境でややきつい運動を、1日30分間を目安に数週間程度行わなくてはならないですが、比較的手軽に行える方法は、ウォーキングやジョギングといった軽い運動をすること、そして入浴することだそうです。
入浴は、40℃の湯船に10分程度浸かり、深部体温を約1℃上昇させてしっかりと発汗させることが肝要だそうですが、汗をかきすぎて脱水症を起こさないように気をつけましょう。

ミネラルの含んだ飲み物で水分補給

スポーツドリンクや経口補水液も夏はよく飲まれますが、糖分が多かったり逆に塩分が多かったりするので、摂りすぎには注意したい飲み物。

もっと気軽に飲めるものといえば麦茶! 夏といえば昔からミネラル入り麦茶が飲まれていますが、 さっぱりしておいしいから…だけでなく、血流改善効果や体温下降作用、血圧低下作用もあり、適度な塩分とミネラルが含まれているものの糖分やカフェインは含まれていないので、お子さんからお年寄り、病気がある方や妊娠中のママさんにもいいですね。

少しずつ継続的に

暑さになれることも、水分とミネラルを取るにもどちらとも”少しずつ継続的に”がいいようです。
運動や入浴が難しい方も、少しずつ身体を暑さに慣れさせていけば、ある程度の暑熱順化が可能とのこと。
水分・ミネラル補給については、運動中やその前後などは30分にコップ1杯程度のペースで、それ以外のシーンでは1時間にコップ1杯程度のペースの『点滴飲み』のペースで少しずつ継続的に飲むと効果があるようです。

毎年暑さにすぐ慣れなくて夏の最初はずっとぼーっとしがちでしたが、私も今日からからだづくりして夏に備えたいと思います。

ぜひ皆さんもご自身の体と相談しながら、体に無理なく夏を楽しんで乗り切りましょう!