Skip to content

大手企業が注目する「健康経営」とは?


皆さん、「健康経営」というワードをご存知でしょうか?

「健康経営」とは、企業が従業員の健康管理を重要な経営課題の一つと捉え、経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。

従業員の健康管理にかかる負担は、費用ではなく、未来に向けた投資と捉えます。企業が従業員への健康投資を行うことで、従業員の活力や生産性の向上など、組織の活性化をもたらし、結果的に医療費の企業負担軽減、業績向上や株価向上につながると期待されています。

今回は、大企業をはじめ、多くの企業が注目している「健康経営」についてご紹介します!


健康経営が注目される背景

少子高齢化が進む中、新しい労働力の確保は難しく、現役の従業員たちの年齢も高齢化しています。

企業が負担する医療費は年々増加しており、その影響から、大企業の社員とその家族が加入する健康保険組合の赤字額も深刻化しています。どんなに売上や利益率が高くても、医療費の企業負担が増加すれば、利益の低下を招き、戦略的な投資に回す資産も減ってしまいます。

深刻な人手不足による長時間労働や、病欠者がた場合は、その穴埋めをする社員の負担が増大し、さらには、病気で休みがちだったり、心身が健康でない社員が多いと、医療費の増大だけでなく、モチベーションや生産性の低下を招きます。そして、このような状態が慢性化すると、業績の悪化、企業イメージの低下につながり、不健康経営による負のスパイラルに陥ってしまいます。


「健康経営」による効果

不健康経営による負のスパイラルを断ち切り、健康経営による正のスパイラルに転換させることができれば、多くの効果が見込まれます。

従業員が心身ともに健康に働けることによって、仕事の効率や生産性、モチベーションがアップし、さらには、組織の活性化、離職率の低下につながります。また、従業員が病院へ通う頻度が減れば、保険の利用機会も減り、企業の保険料負担も軽減します。

結果的に業績が向上し、健康経営が対外的に評価されることによって、企業イメージのアップにもつながります。


「健康経営」のための具体的な施策

経済産業省と東京証券取引所は、共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄」として選定しています。

東京証券取引所に上場している企業の中から、「健康経営」に優れた企業を選定し、長期的な視点から、企業価値の向上を重視する投資家にとって、魅力ある企業として紹介しています。

「健康経営」に取り組む企業が社会的に評価されることで、「健康経営」の取り組みが、さらに促進されることを目指しています。

「健康経営銘柄」として選定されている企業の具体的な施策をいくつかご紹介します。


ヤフー株式会社

”「UPDATE コンディション」-働く人の身体の健康(安全)と心の健康(安心)をUPDATEする-” を「健康宣言」として掲げ、問題を取り除くという消極的な取り組みだけでなく、働く人のコンディションを最高にするためにあらゆる取り組みを行っていくとしています。

生活習慣病やメンタルヘルス対策として、食育や睡眠、セルフケアに関するセミナーや、体組成計測定会、栄養管理士による健康相談会など、様々なイベントを実施しています。

その他、過重労働対策や女性のための健康支援なども積極的に行なっており、仮眠や運動用のスペース、マッサージ室を設置するなど、従業員のパフォーマンス向上を目的としたオフィス環境の整備にも力を入れています。

(参考) 従業員の健康 – ヤフー株式会社


花王株式会社

2008年に発行した「花王グループ健康宣言」のもと、事業主、健康組合、産業保健スタッフ、外部専門家による専任部署を中心とした盤石な組織体制で「健康経営」に取り組んでいます。

労働時間適正化を重点施策に位置づけ、毎年改善を重ねながら、柔軟でより効率的な勤務体系の確立を目指し、長時間労働による過労やストレスへの早期介入を目指して健康チェックを実施するなど、職場環境の改善にも取り組んでいます。

その他、社員食堂での「スマート和食®」の提供や、歩数計「ホコタッチ」による歩行推奨「内臓脂肪測定会」による健康増進プログラムの推進など、楽しみながら健康になる取り組みも実施しています。

(参考)「花王グループ健康宣言」


まとめ

今回は、大手企業が注目する「健康経営」についてご紹介させていただきました。

「健康経営」を実践することは、従業員への投資として初期費用は必要ですが、結果として多くの効果が見込めます。「健康経営銘柄」として選定されていない企業でも、働き方改革の一環として、ノー残業デーの設置メンタルヘルス、健康に関わるセミナーなどは、多くの企業で実施されており、他にも様々な施策が存在します。

もちろん、当社の「スマート体調チェック」も、従業員の皆さんの健康増進、健康経営施策の1つとしておすすめです!是非、チェックしてみてください。

トイレを使うだけ「スマート体調チェック」