女性は約50歳で閉経を迎え、その前後5年間の更年期には辛い症状に悩まされます。
中には症状がひどく、休職や退職を考える方も少なくありません。重要なポストを担う社員を失うことは、企業にとって大きな損失になります。
女性社員が更年期を乗り切るために必要な対策や方法を見ていきましょう。

女性の更年期とは?

女性社員が更年期を乗り切るためには、まず経営者が更年期に対する正しい知識を身に着けることが大切です。詳しく見ていきましょう。

更年期は人によって始まる時期が違う

更年期は、閉経前の5年間と閉経後の5年間、合わせて10年の期間を指します。平均的な閉経年齢は50.5歳なので、更年期は45~55歳頃に訪れることになります。しかし、個人差が大きいため、40代前半で閉経を迎える場合もあります。

40代前半で閉経を迎える場合、30代後半から更年期に入ることになり、中堅層が更年期症状に悩むこともあるのです。
では、閉経時期や更年期が始まる時期は予測できるのでしょうか?

閉経は1年後にわかる

閉経とは、卵巣の活動が停止して排卵がなくなり、生理が永久に停止した状態です。閉経は、初潮のように明らかな症状があるわけではなく、この日が閉経した日とわかるものではありません。生理が来ない状態が12カ月以上続いて初めて、その1年前が閉経時期だったとわかります。

つまり、閉経時期の正確な予測はできませんし、更年期の始まる時期も予測できません。更年期のような症状が出始め、心身ともに辛い時期が続き、生理が来なくなり、その1年後にやっと閉経したことを知るのです。
この間、女性はいつ終わるとも知れない辛い症状に悩み続けることになります。

参考:更年期障害|公益社団法人 日本産科婦人科学会

更年期症状と更年期障害の違い

更年期に起こる症状には、「更年期症状」と「更年期障害」の2つがあります。この違いを見ていきましょう。

更年期症状は心にも体にも表れる

更年期には、のぼせやほてり(からだが熱い)、めまい、ふらつき、イライラなどの不快な症状が表れ、これらは「更年期症状」と呼ばれます。
更年期症状で多いものを順にご紹介します。*1

  1. 疲れやすい
  2. 肩こり、腰痛、手足の痛み
  3. 腰や手足の冷え
  4. イライラ、怒りやすい
  5. 憂うつ、気分の落ち込み
  6. 頭痛、吐き気、めまい
  7. 汗をかきやすい、ホットフラッシュ(上半身ののぼせやほてり、発汗が突然起こること)
  8. 寝つきが悪い、眠いが浅いなどの睡眠障害
  9. 息切れ、動悸

また、これらの症状のほか、生理周期や経血の量も変化します。通常、生理周期は28日周期の場合が多いです。これが更年期の初期には、生理周期が短くなり、少量の出血が長く続くことが増えます。

そして、生理周期の変調や経血量の増減を繰り返しながら、後期には生理周期が間延びしていき、閉経を迎えます。このように更年期には、突然の不正出血や長引く生理にも苦しむことになるのです。

参考:「働く女性の月経関連障害及び更年期障害のQWL(Quality of Working Life)に及ぼす影響に係る研究・開発、普及」 研究報告書 | 独立行政法人 労働者健康福祉機構

参考:ホットフラッシュ | 女性の健康推進室 ヘルスケアラボ|厚生労働省研究班監修

女性の更年期障害は日常生活を脅かす

更年期症状の中でも、症状が重く、日常生活に支障が出るものが「更年期障害(メノポーズ)」になります。具体的には、下記のようなケースが挙げられます。

  • 不眠症状がひどく、朝起きられない
  • 判断力が低下し、夕飯の献立がなかなか立てられない
  • イライラが止まらず、毎日子供を叱っている
  • ホットフラッシュによって、突然全身から汗が吹き出すため、外出しづらい。

そして、これらの症状は仕事にも影響を及ぼします。

参考:更年期障害とは?

更年期障害は、仕事にも影響する

ミスが増える、仕事ができないなど、女性の更年期障害が仕事の能率に影響する理由を見ていきましょう。

些細なことで感情が爆発する

自分で感情のコントロールができないことが、職場でも起きる場合があります。具体的には、下記のようなケースが挙げられます。*2

  • クレーム対応なのに、逆にお客様にきれてしまった
  • ものに八つ当たり、投げ飛ばしたり、蹴ったり、床に叩きつけた

このような感情の爆発は、本人が辛いだけでなく、周囲への影響も深刻です。

記憶力・集中力の低下

物忘れや記憶力の低下、集中力の低下は、更年期によく見られる症状です。これらの症状は、仕事のミスや作業効率の低下に繋がります。

日中の眠気

不眠症状や疲れやすさは、日中の強い眠気を引き起こします。日中の眠気は、集中力低下や作業効率の低下を招き、それが帰宅時刻の遅延、睡眠時間の減少に繋がると悪循環が続くことになります。

相談できる相手がおらず、精神的に辛い

症状が辛くても、なかなか周りに相談できる環境にない場合が多く、特に男性の多い職場では理解を得にくいことが考えられます。

更年期に悩む女性が働きやすい職場環境とは?

NPO 法人女性の健康とメノポーズ協会が、更年期症状の経験を持つ働く女性 277 名を対象に行った調査では、60%が「更年期障害で仕事を辞めたいと思ったことがある」と回答しています。*3 更年期障害が働き盛りの女性に与える影響が深刻であることがわかります。

では、辛い更年期に悩む女性が働きやすい環境とはどんなものでしょうか?

知識の普及を行う

男女問わず、会社全体で更年期について正しい知識を持つことが求められます。女性の更年期はもちろん、男性の更年期もありますので、自身はもちろん互いの性についてどんな変化が訪れるかを知る機会を設けることは非常に大切です。上司や同僚の変化に気付き、声を掛けられる環境は、男女ともに働きやすい環境と言えるでしょう。

医師や看護師などを外部講師として招き、講演や研修を行う機会を設けることが望まれます。

参考:働く女性の健康増進調査 2018|日本医療政策機構

休みを取りやすい環境を整える

更年期障害に、ホルモン補充療法や漢方などの治療によって、症状の軽減・改善効果が期待できます。治療を受けることで、イライラや疲労感、不眠症状の軽減に繋がれば、本人はもちろん職場環境も良くなることでしょう。

そのためにも、休みや勤務時間の調整がしやすい環境を整えることが必要です。

相談しやすい環境を整える

作業効率の低下やミスが目立った場合、本人の不注意を責めるのではなく、本人が相談しやすい環境を整えることが大切です。女性上司がいる場合は、その人から声を掛けてもらったり、個別に話ができる機会を作るなどしてみましょう。また、産業医や産業看護師などの産業保健スタッフを配置し、相談窓口を設けることも重要です。

退職や休職の取り扱いは慎重に行う

女性の更年期は期間が限定されており、辛い症状でも、2〜3カ月後には症状が軽快することもあります。そのため、社員が更年期障害によって退職や休職、配置換えを希望する場合、その対応は慎重に行うことが望まれます。就労ができないほど重度の場合には、病気休暇や傷病手当金支給申請などの制度の紹介も重要です。

参考:病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

まとめ

更年期は、女性社員が自分自身の人生を見つめなおす、再出発の時期と考えることができます。更年期の過ごし方は、ままならない体調を無理に奮い立たせるのではなく、一旦立ち止まることが大切です。

経営者の立場で行うべきことは、この一旦立ち止まることが許される環境を作ることです。走り続けてきたランナーに鞭打てば、その場で崩れ落ちてしまいますが、十分な休息が得られれば、また走ることができます。

そして、その経験は後に続く女性にも影響を与えます。その人らしく長く働ける環境を作ることは、企業価値を高めることに繋がるでしょう。
ぜひ、この記事を参考にしていただければ幸いです。

*1 「働く女性の月経関連障害及び更年期障害のQWL(Quality of Working Life)に及ぼす影響に係る 研究・開発、普及」 研究報告書

*2 株式会社日本ヘルスケアアドバイザーズ “更年期の実態”調査発表 女性の半数以上が悩む更年期症状! 50代は7割以上が更年期症状を抱えている! 症状悪化は、季節の変わり目にあり!?

*3 ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会 ウィメンズ・ヘルス・アクションDATE BOOK 2019