サイマックス新米スタッフの林檎です。『スマート体調チェック』を使いはじめて<からだ観察>をしています。

さて、初めての測定での尿pH値はアプリの理想地帯ラインよりぐんと下のほうでした。これを中性値に近づけることができるのかな、気になります。

観察のはじまり。

あああ・・体内ピカピカがよかったなあ。
初測定のあとは、すっぴんの体内を(自分に)見られてしまったような気持ちになった覚えがあります。

ただし!同じ日にもう一度測ったら数値がちがう。朝よりちょっと良くなっているような。どうして?さっきと何がちがうの?何したの?

体重も食べた後は重くなるし、体温も動いたら少しはあがる。ドキドキすれば血圧もあがるでしょう。そういえば、小さな変化はまあ当然のことなのに、尿pH値の変化というのはまだ脳内で「想像し慣れていないぶん」気になりました。ちょっと面白くなってきました。

どれが効くだろう?

測定友だちとの会話はもっぱら何が効きそうかの提案大会。
「梅干しは効いている気がする」
「梅干し湯をのんだ週とのまない週を比較してみる?」
「寝不足の翌日はかならず下がるね~(おもしろいね)」
「駅いっこぶん歩いてみてるよ!」
「俺は絶対何もしない」という人もいましたが。

プチ観察。

このところ、朝のペーハーが低めだと「あれ?疲れてるのかな」と思い。昼頃ちょっと良くなって「あ、ちょっと元気になってる」と喜び、夕方また少し下がると「なんだろう…座りっぱなしだったからかな」と自分の変化をプチ観察することが癖になりつつあります。なんとなく、昼間は歩いたり笑ったりして良くなってきて、疲れてくる夕方頃にまたちょっと下がる、そんなことかしら?と連想中。

測定友だちも、皆それぞれ違った変化があるようです。こんなふうにマメに数値が変わるなら、平均的にペーハーが良くなるほうへ何かしてみたくなってきました!