『毎日”占い感覚”で楽しんでいます』

ユニ・チャーム株式会社 Eriko さん
(40代後半/女性/ マーケティングサポート/利用歴7ヶ月)


毎日”占い”のような感覚で楽しんでいるというErikoさん。
をどんな風に使っているのか、日頃意識していることなど伺いました(‘◇’)ゞ

サービスを使い始めたきっかけ

会社で導入に関するアナウンスを見て、「面白そう」と思って使い始めました。
健康診断で懸念があったわけではないですが、血筋的に糖尿病に気をつけないといけない体質だという意識を持ってました。
親戚から食事などに気をつけていたにも関わらず、年齢があがるにつれ血糖値が上がったと聞いてて。
このサービスを使うことで、何らかの兆しが見えたら儲けものだな、と思ったのも使い始めたきっかけの一つです。

サービスを使い始めてから意識したこと、試してみたこと

野菜はなるべく最初に食べるようにしています。
サービスを使い始めてから、新たに何かしたということは特にないですが、今までやっていることを継続しながら、測定をして確認するような感じで使っています。

測定結果を見て、「あー、そういえば昨日寝るのが遅かったな」とか「結構残業しちゃったな」とか、数値が下がった時の原因となりそうな生活習慣を振り返るのに役立てています。

社内での話題

同僚との話の中で、スマート体調チェック™️が話題にあがることはありますが、まだ使っていない人もいます。
真剣に考えすぎて怖くてできない、と言っている人もいますね。診断だと思っているのかな?もしかしたらそう思っている人もいるかもしれないですね。
私は「占い感覚」で楽しみながら使っているので、「面白いじゃん」と思ってます。

サービスに期待すること

アドバイスコメントで、もう少し褒めてもらえるモードとかあると嬉しいですね。
酸性傾向で気持ち的に弱っている時に元気づけてくれたり。
あとは休憩時間が同じだったりで、測定のタイミングが重なったりするので、設置トイレを増やしてほしいです!


過去のスマート体調チェック™️インタビュー

「トイレで計測」は日常生活の一部/user voice
子育ても、生活リズムも大切に。/user voice
自分の努力が見える化されることが嬉しい!/user voice
”高いパフォーマンスを維持”ってムズカシイ!!/user voice

健康経営をサポートします

スマート体調チェック

従業員のみなさまは、元気に働いておられますか?
とはいえ、会社で仕事をしている姿からだけでは身体のバランスは見えないもの。
最近聞くようになった健康経営って何からはじめればいいの?と思う方も多いかもしれません。

スマート体調チェック™️は見えない従業員の健康の「見える化」を実現します。
従業員のみなさまの健康管理など、健康経営の取り組みもスマート体調チェック™️で「見える化」から始めましょう。
> スマート体調チェック™️今すぐチェック!

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です