こんにちは!サイマックスの川島です。
暦の上では春なのですが、まだまだ寒い今日この頃。
寒いときってあんまり水分をとっていなくとも、お手洗いが近いような気がします。
夏場だと、汗をたくさん書くので「水分不足にならないように補給をしっかり!」と自覚はあるのですが、実は冬場こそ水分補給が大事なんです!今日は冬の”かくれ脱水”について記事をご紹介いたします。

乾燥する冬は『かくれ脱水』に要注意!しかもミネラル不足に?冬の汗には、夏の約2倍のミネラルが含まれている! 生活シーンや体調に合わせた飲料の選び方、飲み方を紹介

https://www.value-press.com/pressrelease/230632

かくれ脱水とは

かくれ脱水とは、自覚症状がなく体重の1%相当の水分が体から失われ、脱水症の一歩手前の状態になっていることを言います。

主な原因とは?

 冬にかくれ脱水になりやすい主な原因として、下記が挙げられます。

 ①.体感温度が低いため、のどの渇きに気付きにくく、水分補給が怠りがちになる
⇒ 冬は体感温度が低いため、のどの渇きに感じにくく、水分補給を怠る傾向があります。外出先や夜間のトイレを減らそうと、水分補給を控える人も冬に多く見受けられます。

 ②.湿度が低く空気が乾燥しやすいため皮膚や呼気から水分が失われる「不感蒸泄」(ふかんじょうせつ)が増加
「不感蒸泄」とは、発汗以外の皮膚や呼気からの水分喪失を言います。不感蒸泄の量は、常温安静時には健常成人で1日に約900ml(皮膚から約600ml、呼気による喪失分が約300ml)程度と言われています。

 ③.暖房の効いた部屋や車の中、満員電車など、実は冬も意外とたくさんの汗をかいている
⇒ 暖房の効いた部屋や車の中、厚着による発汗、満員電車、入浴、軽い運動などで実はいつのまにか汗をかいています。

かくれ脱水を放置すると・・・

脱水状態になると、喉や気管・鼻の湿り気が無くなり、付着した異物(細菌やウィルス)を外に押し出す繊毛活動がうまく働かなくなることで、風邪を引きやすくなります。この繊毛活動の一つに”たん”が出るという作用がありますが、脱水により”たん”が出せなくなり肺炎を引き起こす場合もあります。また、水分不足のため血液がドロドロになり血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクもあります。また、浴室では上昇した体内の熱を放出できないため浴室熱中症になる恐れもあるため注意が必要です。

〈意外と気づいていないかも!かくれ脱水チェックリスト〉

以下の症状がある場合、かくれ脱水に陥っている可能性があります。

水分、ミネラル補給の効果的な飲み方「点滴飲み」

では、水分をとるには何を飲んでどういった飲み方がいいのでしょうか。

やはり一番のおすすめは「ミネラル入り麦茶」だそうです。 適度な塩分とミネラルを含むため、日常生活における水分、ミネラル補給に適した冬のかくれ脱水対策に推奨できる飲料といえます。ミネラル入りむぎ茶には、血流改善効果や血圧降下作用など健康効果もありますので、水分不足で血液がドロドロになってできる血栓を防げるため、心筋梗塞や脳梗塞など対策としても効果的です。また、血液がドロドロの状態で入浴すると浴室で体温が上昇し、熱中症になる危険もあります。入浴前と後にミネラル入りむぎ茶を飲むことで浴室熱中症対策ができます。

水分とミネラルの補給は、一気に行っても血液内に吸収された時にしか効果がないので、少しずつ継続的に飲む「点滴飲み」が効果的なんだそうです。

いかがでしたでしょうか。
こまめに水分をとることは、季節関係なく必要なのですね。
からだを冷やしすぎないよう、あたたかい麦茶でも今の季節はよさそうですね!
まだまだこれから寒いですし、風邪もはやってますから水分補給しっかりしていきましょう!