スマート体調チェック™️アプリの「記録」画面では、日々の測定結果をグラフを確認できます。
グラフは日平均、週平均、月平均で表示します。

測定値グラフってどう見るの?


緑色の帯の部分を理想の範囲(中性)として、pH値が低いと酸性、高いとアルカリ性になります。(参考blog:尿pHとは?

日・週・月平均の推移を見ることで、身体の変化をチェックし、生活習慣の改善につなげていきましょう!

それぞれのグラフでの見方、活用ポイントを紹介します!

〈日平均〉1日、1週間、直近の変化をみよう

尿pHは食事や睡眠、ストレスなどによって毎日変動します。
たとえばお酒を大量に飲んだ翌朝はpH値が酸性化する傾向がありますが、身体の回復機能が順調だと夕方には自分の平均的なpH値に戻ります。
なかなかpH値が回復しない!という場合は、身体の回復機能を超える量のアルコールを摂取した可能性があるので、お酒を飲む量の参考にすることができます。

〈週平均〉過去1カ月間の生活を振り返りましょう

週平均とその月の平均を見てみましょう。月平均よりも酸性寄りの週の生活がどうだったか振り返ることで、原因を探り、自分に合った改善策を見つけられることもあります。
たとえば、「残業が続き、睡眠時間がとれなかった」週の場合は、それ以外の週の睡眠時間があなたに合っていることでもあります。なるべく自分のベストな睡眠時間を確保できるよう、生活リズムを整えてみましょう。

月平均〉長期的な体調変化を見てみましょう

継続的な測定で、自分のpH値がどのように推移しているのか観察してみましょう。
改善した生活習慣の成果が出て、先月よりも良くなっていることが表れるかもしれません。逆に酸性傾向が長期的に続いている場合は、生活習慣病リスクが上がっている可能性があります。再度生活習慣を振り返り、対策を取りましょう。不安な方は産業医や保健師、会社の相談窓口などに相談してみるのもおすすめします。


参考blogから、改善策を見つけてさっそく習慣化してみよう!

1. 尿pHでわかること-からだが酸性・アルカリ性になったときの症状と原因、それぞれの改善法
2. からだ観察日記~酸性体質から中性体質をめざして何をしよう?~


日々の健康管理をスマートに

スマート体調チェック™はいつもどおりトイレ使うだけで身体のpHをチェックできます。健康維持のための新しい習慣を始めましょう。

くわしくみる >