女性従業員が妊娠した!その時どうすればいい?
そう言ったことについてのノウハウは、あまり共有されていないのではないでしょうか?
女性の社会進出がすすみ、女性従業員が重要なポジションにつくことも珍しくないのではないでしょうか。

もし、女性従業員が妊娠した時、マネージャー・管理職が妊娠中の女性の働き方をサポートするためにできることとは何でしょう?
できることは安心して働いてもらうための気遣いだけではありません。

職場環境や制度、他のメンバーへの情報共有やリテラシー向上、産休・育休へ向けての準備など、妊娠の時期に合わせた的確な対応が必要となります。
健康経営や働き方改革が進む中、女性のライフサイクルに合わせた環境整備も重要視されています。

妊娠初期から中期、後期、出産後まで、必要な情報をまとめました。
ぜひ、管理職・マネージャーの方はご一読ください。


1.妊娠初期の従業員を守るためにできる5つの取り組み

妊娠初期の従業員を守るためにできる5つの取り組み

特に妊娠初期は、母体の体調も胎児の状態も不安定なため、特に気を付けたい時期です。
妊娠初期はどう言った状態になる?サポートするためには何ができる?
女性従業員からは「こうしてほしい!」と言った要望は出しにくいため、進んで周囲がサポートできる環境を作るために必要なノウハウを掲載しています。

掲載コンテンツ
妊娠初期の従業員を守るために知っておきたいこと
妊娠初期の従業員をサポートする5つの取り組み
など

記事はこちらから > 妊娠初期の従業員を守るためにできる5つの取り組み


2.マタニティハラスメント抑止!妊娠・出産を祝福する組織にするための取組とは?

マタニティハラスメント抑止!妊娠・出産を祝福する組織にするための取組とは?

マタニティハラスメント(マタハラ)には以下のようなパターンがあります。

・容姿の変化を揶揄するような発言、行動をすること
・妊娠した女性従業員が各制度を利用することを心良く思わず、誹謗中傷などをすること
・体調不良や、時短労働になることで労働力が低下したとされること

原因は他従業員の理解の低さや、組織としてのサポートが全くない状態から発生することもあります。
そう言った状態にならないようにするための取り組みを詳しく紹介しています。

掲載コンテンツ
・企業としてできる取り組み
・上司ができる対応
・同僚ができる対応
・妊娠中の女性就労者ができる対応
など

記事はこちらから > マタニティハラスメント抑止!妊娠・出産を祝福する組織にするための取組とは?


3.「妊娠は病気ではない」が命を落とすこともある!管理職が知っておくべき妊娠合併症と企業としての対処法

妊娠は病気ではないが命を落とすこともある!管理職が知っておきたい妊娠合併症と対処法

妊娠後、出産するまでの10カ月間は体の不調が続きます。
さらに妊娠合併症を発症すると母子の命にも関わります。
妊娠中の女性就労者の状態を知ることで、管理職・マネージャーにできる対応策が分かります。
万一、発症してしまった場合に、十分なサポートをするためのノウハウを紹介してます。

掲載コンテンツ
・流産・切迫流産
・早産・切迫早産
・妊娠高血圧症候群
・前置胎盤
・常位胎盤早期剝離

記事はこちらから > 「妊娠は病気ではない」が命を落とすこともある!管理職が知っておくべき妊娠合併症と企業としての対処法


4.女性就労者が安心して産休に入るために必要なサポートとは?

女性就労者が安心して産休に入るために必要なサポートとは?

妊娠はとても不安定な状態が続きます。無事に出産を迎えることは女性従業員にとって非常に喜ばしいことです。
しかし、長期の産休に入るに当たっては様々な不安を抱えたり、周囲へかける負担を気に病む女性従業員も少なくありません。
そんな時に、管理職・マネージャーが率先して環境整備ができていれば、無事に出産し、復帰もしやすくなるのではないでしょうか。
女性が安心して産休に入るためにできるサポートを詳しく紹介しています。

掲載コンテンツ
・産休に入る前に女性就労者がやっておくべきこと
・産休に入る前に企業がサポートできること
など

記事はこちらから > 女性就労者が安心して産休に入るために必要なサポートとは?


5.子育て中の女性従業員にテレワークを導入!そのメリットとデメリットとは?

子育て中の女性社員にテレワークを導入!

働き方改革が進み、テレワーク(リモートワーク)を導入する企業が増えてきました。
子育て中の女性従業員にテレワークを推進できれば子育て中の女性従業員にゆとりを持って働いてもらえます。
実施するために把握しておきたいメリットとデメリットを詳しく紹介しています。

掲載コンテンツ
・子育て中の女性社員にとってのメリット
・企業にとってのメリット
・子育て中の女性社員にとってのデメリットと解決策
・企業にとってのデメリットと解決策
など

記事はこちらから > 子育て中の女性従業員にテレワークを導入!そのメリットとデメリットとは?


6.スムーズな育休復帰をサポートするための6つの方法

スムーズな育休復帰をサポートするための6つの方法

出産、育児という大きなライフイベントを終えた後、女性従業員が安心して活躍できる環境を整えるにはどう言った対応ができるでしょうか。
妊娠期とは違った状況になるため、思いがけない場面に出会うことも少なくないかもしれません。
保育園の問題や、子供の体調などによりスムースな育休復帰ができなくなってしまわないように、様々なサポート方法を紹介しています。

掲載コンテンツ
・スムーズな育休復帰を阻む因子は?
・育休復帰の壁を越えられないとどうなる?
・スムーズな育休復帰をバックアップする6つの方法
など

記事はこちらから > スムーズな育休復帰をサポートするための6つの方法


まとめ

妊娠や出産は女性特有のライフイベントではあるものの、男性や周囲の理解はとても大切です。
働き方改革や健康経営と言った企業の意識や環境の整備が進む中で、妊娠期のような状況も安心して働ける環境を作ることは、従業員満足度の向上にもつながり、離職・退職の抑止にもつながるでしょう。

妊娠した女性が安心して出産、育児を迎えられるよう、そして、企業として新しい命の誕生を共に喜べるように、十分なサポートをする手引きになれば幸いです。

女性が健康的に働くために、スマート体調チェック™️がお手伝い

生理痛や妊娠、更年期障害など、女性特有の健康問題は働く人も、企業も軽視できない問題です。
それでも、言いづらい、迷惑をかけたくない、などの心遣いで逆に問題が届かなくなってしまうのも事実かもしれません。

スマート体調チェック™️であれば、トイレを使うだけで健康のバランスをチェックすることができます。
スマート体調チェック for biz™️なら、データで従業員の健康を守ることも可能です。

言いづらいこともアプリで「見える化」、今すぐチェック。
> スマート体調チェック™️