健康経営の推進も進み、プレゼンティズム/アブセンティズムというワードをよく聞くようになりました。
企業がプレゼンティズム/アブセンティズムを改善することで、以下のようなメリットがあります。

  • 生産性向上による業績アップ
  • 従業員エンゲージメントの向上による離職リスクの低減
  • 保険費・医療費などの経費削減
  • 企業イメージの向上

これらは近年問題視され、改善が試みられている内容になります。
ただし、プレゼンティズム/アブセンティズムは、そもそも状況の確認自体ができないものとされていました。

プレゼンティズム/アブセンティズムを見える化、改善するにはどうすれば良いのか確認していきましょう。

プレゼンティズムとは?その要因は?

疾病就業と呼ばれ、
「何らかの疾患や症状を抱えながら出勤し、業務遂行能力や 労働生産性が低下している状態である。」
と定義されています。

だるいなぁ、頭痛が続くなぁ、などと不調を感じながらも仕事をした経験はありませんか?
もしかしたらプレゼンティズム状態にあるのかもしれません。要因はストレスや生活習慣など、様々なケースが考えられます。

労働生産性とは、仕事に対して発生した価値を測定して算出します。
もちろん、調子がいい時と、よくない時の仕事の質を比べれば、よくない時の仕事は質、量ともに低下します。
プレゼンティズムはそうした勤務しているのに生産性が落ちている状態を、定量的に測ることができる指標として用いられています。


アブセンティズム

欠勤という意味です。
業務上では従業員が欠勤することで、業務の停滞や、チームへの影響などで生産されるはずのものが生産されないという状況になってしまいます。
健康面の理由で発生する損失コストとして認識されています。


プレゼンティズム/アブセンティズムによる影響

プレゼンティズム/アブセンティズムによる影響にはどんなものがあるでしょうか。
その多くは、漠然と感覚で感じる部分はあっても、可視化、データ化されることはなかった内容ばかりです。
そのリスクから改善まで詳しく見ていきましょう。

企業にとってのプレゼンティズム/アブセンティズムのリスク

  • 生産性の低下
  • ミスによる過失、事故の可能性の増加
  • 感染症の拡大の可能性
  • 損失コストの発生

最終的には「損失コストの発生」が最も大きなリスクとなります。
様々な効率化を図ったとしても、健康状態のよくない従業員が業務上のネックになってしまいます。

企業にとってのプレゼンティズム/アブセンティズムによる損失

プレゼンティズム/アブセンティズムによるリスクが発生すると、伴って損失コストが発生します。
健康リスクによる損失コストは以下の費目で示されています。

  • 医療費
  • 労災補償費
  • 疾病手当金
  • アブセンティズム
  • プレゼンティズム

国内外の調査でも示されているように、複数の報告でプレゼンティズムは全体の半数以上を占めているとされています。

問題は見えない損失コスト

医療費、労災補償費、疾病手当金は実態として金額がわかるため、損失コストとしての認識はされてきました。
しかし、指標や算出方法のないプレゼンティズム/アブセンティズムの健康関連コストは算出以前に、認識もあまりされてきませんでした。

そのため、漠然と損失があることに気づいていても、リスクがどの程度なのかがわからないために、改善が行われることもありませんでした。

健康経営の機運の高まりによって注目され始めたプレゼンティズム/アブセンティズム

プレゼンティズム/アブセンティズム自体は2009年のインフルエンザの大流行によって米国で注目された概念です。
国内では、経済産業省が推進する日本再興戦略、未来投資戦略の「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つとして提示された健康経営によって注目され始めました。

また、注目されると同時に、従業員の健康を事業への投資と考える経営者も増えてきました。
それを示すように、健康経営への対応を進める企業も増えています。

見えないものをどう測定、見える化すればいい?

労働生産性の評価方法には東大1項目版など、複数の研究があります。
中でも世界保健機関(WHO)が提供しているWHO-HPQスケールを用いれば、プレゼンティズムを定量的な数値として測定、評価することができます。

世界保健機関 健康と労働パフォーマンスに関する質問紙(短縮版)日本語版では以下のような評価指標を求めることができます。

評価指標概要
絶対的プレゼンティズム自身の仕事に対する自己評価(0~100%)
相対的プレゼンティズム他人と比較した自身の評価(0.0~2.0)
絶対的アブセンティズム病欠によって働けなかった時間(時間)
相対的アブセンティズム期待された時間に対する病欠による損失時間(負の値から1)
アブセンティズムコスト欠勤による損失コスト
プレゼンティズムコスト健康損失コスト
参考:プレゼンティーズムの日本語版調査票

プレゼンティズムへの対策、改善の方法とは?

測定された結果によるレポートでは、組織内でプレゼンティズム状態にある従業員の割合や、プレゼンティズムによって損失を被っているコストを算出することができます。また、コストは社内の医療に関わるデータと組み合わせれば、健康リスクによって発生する損失コストの総額を確かめることができます。

改善の方法は健康経営を実践している健康経営銘柄の事例などが参考になります。


まとめ

プレゼンティズム、アブセンティズムのリスクは多くの人が感じていると思います。損失額が見えるとなると、危機感は更に増すことと思います。
ただし、測定を実践している企業は少ないのではないでしょうか。
これを機に健康経営の一環として、プレゼンティズム/アブセンティズムを測定し、見える化と改善を進めてみてください。

健康経営をサポートします

スマート体調チェック

従業員のみなさまは、元気に働いておられますか?
とはいえ、会社で仕事をしている姿からだけでは身体のバランスは見えないもの。
最近聞くようになった健康経営って何からはじめればいいの?と思う方も多いかもしれません。

スマート体調チェック™️は見えない従業員の健康の「見える化」を実現します。
従業員のみなさまの健康管理など、健康経営の取り組みもスマート体調チェック™️で「見える化」から始めましょう。
> スマート体調チェック™️今すぐチェック!

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です