尿pHに関する最新研究の紹介:尿pHとインスリン抵抗性の関係

サイマックスのサービスで、いつも通りトイレでおしっこをするだけで尿pHをはかれる時代がやってきました。尿pHは生活習慣や病気と関係がある測定項目です。

今日は、尿pHとインスリン抵抗性と関係する研究をご紹介します。

  • インスリンと尿pH Epidemiology studies have revealed that patients with obesity, hyperglycemia, or hypertension are associated with a decreased urine pH.

この研究では、尿pHがインスリン抵抗性と関係があることを明らかにしました。尿が酸性によっているほど、 インスリン抵抗性(HOMA-IR)が高まっているとのことです。

1084人の糖尿病ではない日本人のデータを使って研究を行ったとのことです。

Source: Association of Low Urine pH with Insulin Resistance in Non-Diabetic Japanese Subjects. Exp Clin Endocrinol Diabetes. 2018 Feb 8. doi: 10.1055/s-0043-122943.

インスリンってなに?

インスリンとは、膵臓から出るホルモンのことで、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。インスリンが十分に働かないと、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまいます。これが糖尿病です。また、肥満や高血糖、高血圧とも関係があります。

インスリンが働かない状態を、「インスリン抵抗性」といいます。酸性尿(低い尿pH)は、このインスリン抵抗性と関連するといわれています。

最終的に心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病になってしまうのは、このインスリン抵抗性が根本的な原因であり、血圧や糖や脂質が直接の原因ではないとする考えもあるようです。

まとめ


尿が酸性によっていないかをチェックすることでインスリン抵抗性が高まっていないか知ることができるということですね。インスリン抵抗性が発症していないか、または発症しそうでないか、日頃のおしっこチェックで確認して健やかな毎日を手に入れましょう。

関連記事

https://symax.jp/column/?p=490
http://symax.jp/column/?p=343

最近、疲労感や眠気、頭痛など「なんだか調子悪いなあ」といったことはありませんでしたか?調子が悪いと、仕事や趣味にも悪影響が出てしまってイヤですよね。もしかすると、あなたのその症状は身体が酸性化しているからなのかもしれません。

http://symax.jp/column/?p=341

サイマックスのサービスでは、いつも通りトイレでおしっこをするだけで毎日の尿pHをはかることができます。尿pHは生活習慣や病気と関係がある測定項目ですが、どういったものなのかをご紹介します。