Skip to content

梅雨のだるさの正体は「湿邪」!?湿邪とは?またその解消法とは?

みなさま、こんにちは!サイマックスの川島です。

各地で梅雨入りしてきていますね。
湿気が多く、じめじめしていて「何となく体がだるいな…」と感じる方も多いことでしょう。
この”梅雨だる”の正体は“湿邪(しつじゃ) ”だそうです。

記事の内容をご紹介いたします。

だるさの正体は「湿邪(しつじゃ)!」東洋医学からみる梅雨の不調撃退法とは?

https://www.sankeibiz.jp/…/n…/160513/prl1605131213055-n1.htm

湿邪ってなんのこと?

「 湿邪(しつじゃ)」という言葉、聞きなれませんが、統合医療の専門医である東京有明医療大学教授川嶋 朗先生 によると 、(1)自律神経の乱れ、(2)水分バランスの乱れのこの二つのことを“湿邪(しつじゃ)”といい、この2つの乱れが梅雨入りから梅雨明けまで続くため、“だるい”“イライラする”“肩がこる”“むくむ”などの様々な不調が表れてくるようです。

“湿邪”による症状

  • 頭が重い
  • 胸がくるしい
  • 食欲がない
  • お腹がはる
  • 口が粘っこい、苦い
  • むくむ  など

解消するには…?

記事で川嶋先生がおすすめしているのは大きくわけて3つ

  • ぬるめの炭酸入浴
  • 自律神経の交換スイッチを定期的に入れる
  • 水分バランスを整えてくれる“除湿ツボ”を刺激する

うまくとりいれて、梅雨のだるさを乗り切りましょう!